2019年2月22日(金)

スマホの価格が2極化、売れない機種はすぐ0円

(1/2ページ)
2012/5/25 7:00
保存
共有
印刷
その他

携帯会社はスマートフォン(高機能携帯電話)販売で様々な割引サービスを提供している(東京都武蔵野市のイーブーム吉祥寺店)

携帯会社はスマートフォン(高機能携帯電話)販売で様々な割引サービスを提供している(東京都武蔵野市のイーブーム吉祥寺店)

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の店頭価格が二極化している。人気の高い機種は一部店舗で一時品切れになったものもあり、発売時の価格を維持している。一方で売れ行きが伸び悩んだ機種は新規契約、携帯電話会社を乗り換えるMNP(番号持ち運び制)を利用した契約ともに0円となる例が多かった。

■人気機種の後継機やLTE端末が好調

NTTドコモが3月に発売した「エクスペリア・アクロHD SO―03D」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)は販売店で品薄の状態が続く。画面が旧機種よりも高精細になったのに加え、性能を左右するCPU(中央演算処理装置)が高機能品となったことで操作性が高まった。「初代のエクスペリア端末を持つ消費者の買い替えが目立つ」(イーブーム吉祥寺店)。

また、高速データ通信(LTE)を使える端末も堅調。画面が5型と既存機種より大きい「ギャラクシーノート SC―05D」(サムスン電子)はペンで画面上に書き込むことでメモが取れるため、ビジネスマンが外回りで使いたいとして契約するという。

auは引き続き「iPhone(アイフォーン)4S」が人気。MNP利用者に対する割引を実施する店舗も少なくない。容量64ギガ(ギガは10億)バイト品をMNPで一括購入した場合、新品の一括購入価格から約5万2000円安い1万9800円で済むケースもあった。他のスマホは高速無線通信サービス「WiMAX」が使える端末の人気が高いという。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

前回の定点観測


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報