原料高騰でも上がらぬ豆腐価格 技術革新があだに
商品部 田上一平

(1/2ページ)
2013/10/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

円安による原料大豆の高騰にもかかわらず豆腐の小売価格が低迷している。製造方法の技術革新などで供給過剰になっているのが根底にあり、メーカー間で我慢比べの様相を呈している。

「みんなおっかなびっくり。値上げしたくてもできない状況だ」。朝日食品工業(埼玉県朝霞市)やタカノフーズ(茨城県小美玉市)など大手の豆腐製造会社が加盟する日本豆腐協会(東京・千代田)の町田秀信専務理事はメーカーの心境を代弁する。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]