/

この記事は会員限定です

7割がパート・バイト「不足」、業務縮小も 本社調査

[有料会員限定]

小売りや外食の店舗運営に欠かせないパート・アルバイトの不足が深刻だ。日本経済新聞社が主要企業に調査したところ、回答企業の約7割が不足していると回答。このうち今後も人手不足の解消のメドが立たないと答えた企業が6割だった。景気回復を受けた人手不足は長期化する可能性があり、業務を縮小する企業も出てきた。

6月に小売り・外食の上場企業282社を対象にアンケート調査を初めて実施。139社から回答を得た。国内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン