/

新宿48%・渋谷45%安 リーマン後のオフィス賃料

三幸エステート調査

オフィス仲介大手の三幸エステート(東京・中央)は16日、リーマン・ショックのあった2008年以降の東京都心5区の賃料変化についてのリポートを発表した。下落率が最も大きかったのは新宿区で、今年11月末はリーマン・ショック前のピーク(08年1月末)比48%安い3.3平方メートルあたり1万6356円となった。渋谷区もピークの08年8月末比で45%低下した。

その他の区のピーク比下落率は千代田区が34%、港区が31%、中央区が27%だった。新宿区などはテナントに占めるサービス業の比率が高い。「気軽にオフィスを移す傾向があり、賃料の振れ幅を大きくしている」(三幸エステート)という。

同社が同日発表した11月末の東京都心5区の空室率は2カ月連続で上昇し、前月比0.03ポイント高い5.75%だった。募集賃料は2カ月連続で下落。3.3平方メートルあたり2万441円と前月比183円(0.9%)下がり、1994年の集計開始以来の最安値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン