/

この記事は会員限定です

物価考 トイレ紙買い占め騒動、「自分だけでも」の心理働く

当時の仕入れ担当が語る

眠れるヒント(4) インタビュー

[有料会員限定]

1973年10月末、大丸ピーコック千里中央店(当時)でトイレットペーパー騒動が発生し全国に報じられた。同店で日用品などの仕入れ・販売担当をしていた清水暉人氏に、騒ぎのいきさつや当時の千里ニュータウンの様子を聞いた。

――騒動の前兆はあったのか。

「その前から、近隣で潤沢に商品が並ばない店が出てきたという話はお客様から聞いていた。『ピーコックさんに来たらあるのね』と言われていた。静かに買い集める業者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3241文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン