進化する非常食 「心も歯も折れそう」嘆きバネに

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2014/3/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から3年が経過した。被災地を中心に、非常食で空腹をしのいだあのときのつらい経験を思い返す人も多いだろう。一方で、首都圏などでは時の経過による防災意識の低下が気がかり。買い込んである非常食のラベルを見てみよう。3年で賞味期限や保存期限が切れる場合が実は多いのだ。この更新需要を狙って非常食市場に参入する企業も現れているほか、今までにない味わいの商品も登場している。

■しっとり柔らか、充実す

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]