/

この記事は会員限定です

アジアの商品市況、駆け込み需要の反動減に注目

[有料会員限定]

商品市況は景気の行方を知る有力な手掛かりだ。鋼材、石油化学製品などの需給バランスや卸段階の取引価格の動向は、景気動向を敏感に映す。消費増税後も景気は明るさを増しつつあるが、先行きの変化を商品市況から読み取るために何に注目すればよいのか。

需給の先行き映すリサイクル資源

日本経済新聞社は様々な市況商品の価格動向を報道しているが、なかでもリサイクル資源の価格動向からみたアジア市場の需要動向と内需を映す商品の動向に注目すべきだろう。内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン