農産物や加工食品、輸出じわり回復 EUなど風評薄れる

2012/11/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原子力発電所の事故による風評被害で落ち込んだ農産物や加工食品の輸出がじわり回復してきた。原発事故から1年半以上がたち、海外では放射性物質への懸念が徐々に薄れている。国内消費が伸び悩むなかで、生産者は輸出市場の開拓に力を入れ始めた。10月末には欧州連合(EU)が輸入規制を緩和したこともあり、今後も輸出の回復に弾みがつきそうだ。

リンゴ輸出の9割を占める青森県の生産者や流通業者などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]