2017年12月15日(金)

中国産野菜が高騰 卸値、タマネギは日本産を逆転
アジア需要増や円安で

2013/3/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 中国産野菜の国内卸値が上昇している。タマネギやニンジンなどは1年前に比べ1~7割上昇。特にタマネギは14年ぶりの高値となり国産品を逆転した。経済成長からアジア各国が中国産の野菜の調達を増やしているうえ、中国国内の生産コストも上昇している。円安も重なり中国産を主に使う外食産業などの仕入れコストが増える要因になっている。

 外食チェーンや大手総菜は中国産野菜を主力にしている例が多い。東京都中央卸売市場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

中国産タマネギ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報