2019年6月26日(水)

破格の480円、AKBが変えたファンクラブの常識

(2/3ページ)
2012/11/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

男性アイドルのファンクラブも入会金と年会費を合わせて4000~5000円が相場だ。ジャニーズ事務所に所属するSMAP、嵐、NEWSなどはそれぞれ入会金1000円、年会費4000円としている。EXILEは年会費4000円(別途、手数料200円)となっている。

主なアイドルのファンクラブ
アイドル・
チーム
ファンクラブ名入会費年会費
AKB48二本柱の会1,000円480円
ももいろ
クローバーZ
ANGEL EYES1,000円4,000円
SMAPSMAP1,000円4,000円
KARAカミリア
 ジャパン
-5,500円
少女時代SONE JAPAN1,000円5,000円
BIGBANGVIP JAPAN1,000円5,000円
アイドリング!!!ファン様クラブ1,050円
(スタンダード会員)
※月額525円
(スタンダード会員)

一方、数年前から流行し始めた韓国アイドルの日本向けファンクラブは若干ながら高め。KARAは入会金がないが、年会費が5500円。少女時代やBIGBANGはそれぞれ入会金1000円、年会費5000円としている。

■安心感よりも危機感をあおる

AKBと他のアイドルで、大幅な価格差はどこから生じるのか。ファンクラブに入る理由は人それぞれだが、主な効果は(1)ライブなどのチケット優先予約、(2)ファン向けイベントやテレビ収録への参加、(3)会員であること自体がもたらす満足感、に大別できそうだ。

AKBのケースでは、意外にもチケット予約は会員の主目的ではないようだ。東京・秋葉原のAKB48劇場では、休館日を除けばほぼ毎日のようにライブを開催している。ただ、「公演するチームが複数に分かれているので、お目当てのアイドルが出演する日のチケットを取るのは困難」と嘆くファンも多い。ファンクラブの会員数を増やせば、当然ながら優先予約の効果は薄れる。

高い会費を払ったから席が取れる、という従来のファンクラブの概念とは逆に、「とりあえず入っておかないとイベントに参加できる確率が低くなる」という危機感を生んでいる。

■積み上げるとかなりの額に

値下げでファンクラブの敷居を低くするのは、熱心なファン層の反感を招きかねないもろ刃の剣でもある。それでもAKBは「身近なアイドル」を前面に押し出し、チケットや人気投票を巡ってファン同士で競争させることでブームを保っている。

今年6月の選抜総選挙では、総投票数が前年比2割増の138万票にのぼった。ファンクラブ会員だけでなく、対象となるCDの購入や、携帯電話サイトの会員などでも投票権を得られる。好きなアイドルの順位を上げようと1人で複数票を投じるファンも多い。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報