亜鉛のLME在庫16年ぶり高水準 多くが金融担保に

2011/7/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロンドン金属取引所(LME)が指定する倉庫の亜鉛在庫量が16年ぶりの高水準に積み上がっている。製錬会社などが金融機関に担保として提供した地金が倉庫に滞留しているためとみられ、現物需給の緩和感は強くない。よく似た現象がアルミニウムで起きており、亜鉛も「第2のアルミ」になりつつあるとの見方もある。

めっきなどに使う亜鉛は世界で年間約1200万トンの需要がある。LME指定倉庫の在庫量は4月中旬から2割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]