/

東京の中古マンションまた値下がり、13カ月連続

都心部のマンションには値上がり傾向もみられたが…(東京・文京の播磨坂)

首都圏の中古マンション価格は緩やかな下落基調が続いている。不動産情報サービスの東京カンテイ(東京・品川)がまとめた東京23区の中古マンション価格(70平方メートル換算)は2月に4053万円となり、前月比0.3%下がった。値下がりは13カ月連続。前年同月比では5.5%安くなった。

「安心・安全」を訴求しにくい中古

東日本大震災以降、マンションも「安心な地域に建つ安全な構造の物件」が選ばれる傾向が強まった。新築はこうしたニーズに対応した物件も増えているが、中古は対応しにくく、価格下落の一因となっている。液状化の被害が出た湾岸地区などでは開発業者に対する損害賠償訴訟なども起きており、中古マンションの購買意欲は冷え込んでいる。

ただ都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)の中古マンション価格は5272万円と、前月比0.1%上昇した。首都圏では「春の需要が出始めた」との指摘もある。

春は入学・入社、転勤など節目のシーズンで、1月~5月上旬に年間のマンション取引の約6割が集中する。昨年は大震災の影響で不発だった春需が発生するようだと、中古マンションの値下がり傾向にも歯止めがかかる可能性がある。

新築の供給戸数が1割増

今年の新築マンションの供給戸数は5万3000~5万5000戸と予想されている。昨年の4万8000戸弱に比べ1割前後増える見通しで、中古マンション価格の下げ材料となる。ただ、建設資材費の上昇が新築価格に転嫁されるようだと、中古の下げ幅を抑える可能性もある。

(商品部 増渕稔)

主要都市別中古マンション価格(単位万円)
2012年2月2012年1月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月
東京23区4053406640764080411041164142
横浜市2687268526912681268926912717
千葉市1789179617721764176617871806
さいたま市2145218121662168220422022158
大阪市2156217321962215221522382255
神戸市1882185718551870184918461815
名古屋市1785180217831779176817981779
「気になる値段~定点観測」は毎週月曜、水曜、金曜日に掲載します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン