/

この記事は会員限定です

穀物高騰の価格転嫁防げ 飼料・食品会社、原料切り替え加速

[有料会員限定]

穀物の国際価格の高止まりを受け、飼料や食品会社が割安な原料に切り替えたり、使用量を減らしたりする動きが広がっている。飼料会社は配合飼料に占めるトウモロコシの割合を減らす一方で小麦を増やし、食用油メーカーも大豆の比率を落として菜種を増やし始めた。食品はデフレ下で価格転嫁が難しいため、原料費を削減して穀物の高騰に対応する。

全国農業協同組合連合会(全農)などは飼料に使うトウモロコシを減らしている。農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません