コモディティー・アイ~再び下値を探り出したニッケル相場

2013/3/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ステンレス鋼の原料となるレアメタル、ニッケルの国際価格が再び下落している。中国の景気回復期待から2月初旬には急伸した相場も長続きせず、再び下値を追う展開となっている。ステンレス鋼の生産調整が続く中、ニッケル在庫は記録的な水準に高まっている。

ニッケル価格の国際指標であるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は2月末時点で1トン1万6600ドル。中国の景気回復期待を足がかりに2月中旬には1万87…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]