/

ガソリン、一気に5円上昇し164円に 増税分転嫁

消費増税分などが転嫁され、4月から全国でガソリンの店頭価格が値上がりした。資源エネルギー庁が3日発表した1日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は1リットル164.1円で、前週調査した3月24日に比べ5.1円上昇した。4週連続の上昇となった。

1日から消費税率が引き上げられたことに加え、地球温暖化対策税も1リットルあたり0.25円課された。合計すると、レギュラーガソリン1リットルあたり平均5円程度の税が上乗せされ、店頭価格に転嫁された。全都道府県で値上がりした。

軽油は前週比3.5円高の1リットル142.6円。灯油も1缶(18リットル)1919円と同54円上昇した。

同庁は通常、毎週月曜日時点の全国平均価格を集計している。1日は火曜日だったが、増税に合わせ調査日を遅らせた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン