原油と金、不気味な高値共演 インフレ懸念に強い警告

2011/3/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油と金の先物価格が連動して高騰している。2010年は金価格が上がるなかで原油はボックス圏で推移したが、今年1月末のエジプトの騒乱以降は共に急上昇。原油が1バレル115ドルを突破し、金も最高値を再び更新した。インフレに強いとされる金と原油の不気味な"共演"は、インフレ圧力が危険水域に近づいたことを示す市場からの警告ともいえる。

世界の原油価格指標として存在感を高めるロンドン市場の北海ブレント先物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]