/

この記事は会員限定です

食品トレー値上がり 2年ぶり6%、樹脂高を転嫁

[有料会員限定]

スーパーで肉や総菜を載せる食品トレーの卸価格が今秋の出荷分から6%程度値上がりしている。原料である合成樹脂の価格上昇を転嫁した。値上がりは約2年ぶり。昨年来の円安に端を発した樹脂値上げの影響が、家庭の食卓に近づいてきた。一方でトレーなどを包む業務用ラップフィルムは値上げが難航しており、食品包材のなかでも動きが分かれている。

最大手のエフピコや中央化学など食品トレーメーカーと大手小売業者との交渉が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン