/

JOCに事情説明要求へ 文科省、柔道女子暴力問題で

ロンドン五輪の柔道女子日本代表を含む国内トップ選手15人が、園田隆二代表監督らによる暴力やパワーハラスメントがあったと告発する文書を日本オリンピック委員会(JOC)に提出していた問題で、文部科学省は30日、全日本柔道連盟とJOCに事情説明を求める方針を明らかにした。

高校スポーツ界の体罰が社会問題となる中、監督官庁の文科省関係者は「トップ選手の集団告発が事実とすれば異例。全体像を把握した上で今後の対応を協議することになるだろう」と述べた。

JOCの竹田恒和会長は「五輪選手が行動を起こした現実をしっかりと受け止め、正確に状況を把握した上で対応を検討したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン