2019年2月18日(月)

フィギュア

浅田真央が優勝 世界フィギュア、自己ベスト更新

2014/3/29付
保存
共有
印刷
その他

浅田真央のフリーの演技(29日、さいたまスーパーアリーナ)

浅田真央のフリーの演技(29日、さいたまスーパーアリーナ)

フィギュアスケートの世界選手権最終日は29日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)で世界歴代最高の78.66点をマークして首位に立った浅田真央(中京大)がフリーで138.03点をマーク、ジャンプでバランスを崩す場面もあったが、自己ベストを更新する合計216.69点で優勝した。同選手権3度目の優勝は日本人初。

2位は15歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)。SP4位で現役最後の大会となる鈴木明子(邦和スポーツランド)は6位、SP10位の村上佳菜子(中京大)は10位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

公開練習で調整する紀平梨花(15日、大阪府高槻市)=共同

 フィギュアスケート女子で、四大陸選手権を初制覇した紀平梨花(関大KFSC)と、2018年平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)が15日、大阪府高槻市内のリンクで練習を公開した。3月の世界選手権(さいたま …続き (15日 16:43)

米国から帰国し、笑顔でメダルを掲げる紀平梨花選手(12日午後、成田空港)=共同

 フィギュアスケートの四大陸選手権で初優勝した女子の紀平梨花選手(16)=関大KFSC=と男子の宇野昌磨選手(21)=トヨタ自動車=が12日、米国から成田空港に凱旋した。紀平選手は今季の国際大会で5連 …続き (12日 20:50)

エキシビションでクリムキンイーグルを披露する宇野昌磨(アナハイム)=共同

 【アナハイム=共同】フィギュアスケートの四大陸選手権男子で初優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーから一夜明けた10日、米アナハイムで取材に応じ、余韻に浸ることなく「世界選手権(3月20日開幕・さ …続き (11日 17:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]