/

柔道男子60キロ級、平岡が銀 日本勢初メダル

柔道男子60キロ級で銀メダルを獲得し、日の丸を広げる平岡拓晃=写真 佐光恭明

2階級を行い、男子60キロ級の平岡拓晃(了徳寺学園職)が今大会第1号となる銀メダルを獲得した。女子48キロ級の福見友子(同)は準決勝で敗れ、3位決定戦でも負けメダル獲得はならなかった。

平岡は初戦の2回戦を一本勝ち、3回戦は優勢勝ちで制し、準々決勝ではソフィアヌ・ミルー(フランス)を旗判定による優勢勝ちで退けた。準決勝はエリオ・ベルデ(イタリア)に一本勝ちしたが、決勝でアルセン・ガルスチャン(ロシア)に一本負けした。

福見は1、2回戦を一本勝ちし、準々決勝はパウラ・パレト(アルゼンチン)に優勢勝ちしたが、準決勝で2008年北京五輪金メダルのアリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に屈した。3位決定戦ではエバ・チェルノビチュキー(ハンガリー)に敗れた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン