/

斎藤佑樹投手は日ハム プロ野球ドラフト会議

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は28日、東京都内で行われ、斎藤佑樹投手(早大)は日本ハム、大石達也投手(早大)は西武、沢村拓一投手(中央大)は巨人が交渉権を獲得した。

1位で重複指名されたのは斎藤、大石の2人で、斎藤はロッテ、ヤクルト、日本ハム、ソフトバンクの4球団、大石は横浜、楽天、広島、オリックス、阪神、西武の6球団が競合し、抽選で決まった。沢村は巨人の単独指名、中日は大野雄大投手(仏教大)を単独指名した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン