/

この記事は会員限定です

球史に刻む一発 引退模様 オリックス・北川博敏

[有料会員限定]

ドラフト2位で入団した阪神で雌伏の6年を過ごした。才能が花開いたのは近鉄に移籍した2001年。「あの打席で人生が変わった」。北川博敏(40)は、あまりにも劇的な一発でその名を球史に刻み込んだ。

9月26日、マジック1で迎えたオリックス戦の九回裏に代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。近鉄の12年ぶり4回目、そして球団最後となる優勝を決めた。

3球目が勝負の分かれ目だった

あの打席の記憶は今も鮮明だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン