スポーツ > コラム > 記事

チェンジアップ(豊田泰光)

フォローする

野球の味わい方、寂しき日米差

(1/2ページ)
2012/1/26 7:00
共有
印刷
その他

遊びでアメリカに行ったときに、やはり野球がみたい、となって球場を訪れると、ラジオの中継ブースに席をとってくれた。実況を聴きながら思ったのは案外しゃべらないんだな、ということ。

アナウンサーは「第1球ストライク」とか「レフトへシングル(単打)」とか、起こった事を淡々と伝えるだけ。その淡泊さが格調高く、終盤のクライマックスへの期待を静かにかきたてていた。

多くを語らずとも、何万のファンの期待や興奮が混じるざわめきが極上のノイズとなって、ラジオから流れているはずだった。アナウンサーはそれを熟知し、空白の時間を作っていたのだろう。

よく日本は「間(ま)の文化である」といわれる。しかし、野球に関してはアメリカの方がよほど間を理解しているのではないか。

日本の中継は「しゃべってなんぼ」の感じだし、そもそも球場に静寂の瞬間がない。鳴り物応援がなかったころはまだ、投手がふりかぶったときに、みんなが黙って胸をときめかせていた。

スタンドとグラウンドの息が合っていた、とでもいおうか。その文化は日本では廃れたが、アメリカには残っている。

レンジャーズのユニホームを着たダルビッシュ有がマウンドに立ち、モーションを起こす。一瞬の静寂から、投打の火花散る瞬間へ。緩から急、心地よいリズムを刻み、試合は進む。

そうした映像が今季、日本にさらに流入し、彼我の野球の味わい方の違いが鮮明になるだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

チェンジアップ(豊田泰光) 一覧

フォローする

「素人の考え」に改革の種 [有料会員限定]

 「先攻後攻はコイントスで決めるの?」。日本シリーズを観戦した知り合いが、スタンドでそんな会話を耳にしたそうだ。そこまでサッカー文化が浸透したか……。いや、これは野球にとってもいいことだ。まっさらの新 …続き (2012/11/8)

プロ野球、鎖国政策の限界 [有料会員限定]

 今年のドラフトの目玉だった岩手・花巻東の大谷翔平(日本ハムが指名)に「メジャー(米球界)へ直行したい」といわれて、日本球界が慌てている。
 お互いの畑には手を出さないという新人獲得をめぐる紳士協定がメ …続き (2012/11/1)

無言の勝ち、有言の負け [有料会員限定]

 久々に「非日常」の試合をみせてもらった。巨人―中日のクライマックスシリーズ(CS)最終戦(22日)。中日が抑えの山井大介を四回から投入すると、巨人は先発登板から中1日の沢村拓一を2番手で起用。ファン …続き (2012/10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]