/

大関鶴竜が初優勝、横綱へ 大相撲春場所

大相撲春場所は23日、大阪市のボディメーカーコロシアムで千秋楽が行われ、綱とりの大関鶴竜(28)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、井筒部屋=が大関琴奨菊を寄り切りで下し、14勝1敗で初優勝を果たした。鶴竜は先場所も14勝1敗の好成績を残しており、場所後の横綱昇進が確実となった。モンゴル出身の横綱は朝青龍、白鵬、日馬富士に続いて4人目となる。

日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は、既に鶴竜が優勝した場合は臨時理事会を招集する意向を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン