/

23歳小平、14アンダーで初優勝 ツアー選手権

日本ツアー選手権最終日、初優勝を果たし笑顔でカップを掲げる小平智(23日、宍戸ヒルズCC)=共同

男子ゴルフの今季国内メジャー第2戦、日本ツアー選手権最終日は23日、茨城県宍戸ヒルズCC西(7402ヤード、パー72)で行い、プロ転向して4年目で、2位に1打差の首位発進した小平智(23)が1イーグル、4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算14アンダー、274で逃げ切り、ツアー初優勝を果たした。優勝賞金3000万円と5年間のシード権、世界選手権シリーズのブリヂストン招待(8月)の出場権を獲得した。

1打差の2位はS・K・ホ(韓国)とキラデク・アフィバーンラト(タイ)。S・J・パク(韓国)が12アンダーの4位。全米オープン10位で賞金ランクトップを走る松山英樹(東北福祉大4年)は1番からの4連続を含め8バーディー、3ボギーの67で回り、10アンダーの7位に食い込んだ。片山晋呉は8アンダーの13位。2位タイ発進の藤田寛之は77と崩れ、6アンダーの22位に終わった。池田勇太は4アンダーの31位だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン