/

オルフェーヴル圧勝V 有馬記念、有終の美飾る

競馬の第58回有馬記念(G1・芝2500メートル)は22日、中山競馬場に16頭が出走しておこなわれ、このレースを最後に現役を引退する1番人気のオルフェーヴル(5歳牡、池添謙一騎手)が2着に8馬身差を付けて圧勝した。優勝タイムは2分32秒3、賞金2億円を獲得した。有馬記念制覇は2年ぶり2度目。G1は通算6勝となった。

2011年の三冠馬で、世界最高峰のレースのひとつ、フランスの凱旋門賞で2年連続2着に入るなど海外でも高い実力を見せたオルフェーヴル。この日は4コーナーで先頭に立つと、そのまま後続との差を一方的に広げた。

2着は4番人気のウインバリアシオン、3着には昨年の覇者で2番人気のゴールドシップが入った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン