/

高橋が銅、男子フィギュア初のメダル

日本人選手全員入賞 織田7位、小塚8位

バンクーバー冬季五輪第7日は18日(日本時間19日)、フィギュアスケート男子のフリーが行われ、高橋大輔(関大大学院)が合計247.23点で3位に入り、この競技で日本男子史上初のメダルとなる銅メダルを獲得した。今大会の日本のメダルはスピードスケート男子500メートル銀の長島圭一郎、銅の加藤条治に続き3個目。

フリープログラムの演技をする高橋=写真 小林健

ショートプログラム(SP)3位の高橋は冒頭の4回転ジャンプは失敗したが、得意のステップを生かして好演技を見せ、フリーは5位の156.98点だった。SP4位の織田信成(関大)は靴ひもが切れたことによる演技中断があったものの7位、SP8位の小塚崇彦(トヨタ自動車)は4回転ジャンプを成功させて8位となり、日本選手は全員が入賞を果たした。

スケート靴のひもが切れるアクシデントを告げる織田信成(共同)

SP2位のエバン・ライサチェク(米国)が逆転で優勝した。(五輪取材班)

フリープログラムの演技をする小塚=写真 小林健

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン