引き分けは究極の間延び

(1/2ページ)
2012/9/20 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

近ごろの試合は間延びしているなあと考えながら、サッカーのJリーグ発足当時のチェアマン、川淵三郎さんに言われたことを思い出した。

「選手がタイムをかけられるスポーツは野球くらいのものでしょう」。確かに目にホコリがといっては打席をはずし、ズボンに砂が入ったといってはタイム、という競技はほかに見あたらないようだ。

当時盛んだった野球、サッカーの比較論から出たチェアマンの言葉だが、のんびりしたスポーツと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]