朴仁妃が優勝 フンドーキン・レディース最終日

2012/5/13付
保存
共有
印刷
その他

女子ゴルフのフンドーキン・レディースは13日、福岡県福岡CC(6384ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、日米両ツアーで戦う朴仁妃(23、韓国)が通算9アンダー、207で優勝、賞金1440万円を獲得した。昨年3月のダイキン・オーキッド以来の日本ツアー通算4勝目。

首位タイでスタートした朴はこの日も安定したプレーで5バーディー、1ボギーの68で回り後続を突き放した。

2打差の2位はフォン・シャンシャン(中国)。さらに2打差の3位に井芹美保子と全美貞(韓国)が入った。2日目3位の原江里菜は2アンダーの6位。

12番(パー3)でホールインワンを決めた有村智恵は2オーバーで14位。横峯さくらは4オーバーの20位。

前年優勝の佐伯三貴は6オーバーで31位。上田桃子、金田久美子は7オーバーの35位。不動裕理は11オーバーの54位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]