2019年6月26日(水)

「土俵の鬼」、栃若時代築く

2010/9/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

元横綱初代若乃花、花田勝治さんの歌は哀調を帯びたものが多いが、おはこの「船頭小唄」はとりわけ聞く者の耳に土俵の悲しみというものがしんしんと迫ってきた。「おれは河原の枯れすすき、同じお前も枯れすすき。どうせ2人はこの世では、花の咲かない枯れすすき」

裸一貫で直径15尺(4.55メートル)の土俵の中から金銀財宝、地位、名誉、あらゆるものを掘り出したかに見えたが、その壮絶な人生に本当の安らぎはあったの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報