2018年7月16日(月)

激戦のフィギュア日本勢、火蓋切る五輪代表争い

(1/4ページ)
2013/10/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは18日、スケートアメリカ(デトロイト)で開幕する。ソチ五輪の代表選考がかかるうえ、五輪本番へ向けて実績を積み上げていく大切な試合だ。激戦必至の今季GPで日本選手がどんな活躍を見せてくれるか展望したい。

ローリー・ニコルの振り付けにより、またひと味違う世界を見せそうな高橋大輔

ローリー・ニコルの振り付けにより、またひと味違う世界を見せそうな高橋大輔

うまさとバランス、力は一番の高橋

 日本男子は6選手のうち5人が「世界トップ10」に入った経験を持ち、史上空前の熾烈(しれつ)な代表争いとなっている。その中でも、スケートのうまさや全体のバランスなど、一番力を持っているのが高橋大輔(関大大学院)だろう。

 10月5日のジャパンオープンでは結果は伴わなかったが、初披露のフリープログラムは「彼でなければ滑れない」という内容だった。以前はどちらかというと、曲想みたいなものを感じさせ、細かくて速い動きのプログラムを滑っていた。だが「ビートルズメドレー」を使った今回は彼のフットワークのよさを生かし、ゆったりとした流れのあるプログラムになっている。新しい挑戦といえるだろう。

 今回振り付けを担当したのはローリー・ニコル。彼女は選手が持っている持ち味やイメージを非常にうまく引き出し、個人的には世界トップのコリオグラファー(振付師)と評価している。今季はまたひと味違う高橋が見られるのではないか。

GPシリーズ男女シングル出場選手
▼男子
高橋大輔(27、関大大学院)
羽生結弦(18、ANA)
小塚崇彦(24、トヨタ自動車)
無良崇人(22、岡山国際スケートリンク)
町田樹(23、関大)
織田信成(26、関大大学院)
▼女子
浅田真央(23、中京大)
鈴木明子(28、邦和スポーツランド)
村上佳菜子(18、中京大)
宮原知子(15、大阪・関大高)
今井遥(20、ムサシノFSC)

 問題は4回転ジャンプがなかなか決まらないことだ。ただ、ジャンプは滑り込んでいけば絶対によくなると思うし、彼くらいになったら自分自身をどうコントロールするかわかっているはず。リズムとタイミングがきちんと取れるようになれば大丈夫だと思う。

志高い羽生、すごく楽しみな存在

 羽生結弦(ANA)は伸び盛りの段階から、さらに上のステージに進んでいると言っていいだろう。思い切りがいいし、2種類の4回転をクリーンに跳ぶジャンプはスピード感にあふれている。

 どちらかといえばスケーティングが課題だったが、カナダのブライアン・オーサーに師事して基礎から磨き、それが少しずつ身についてきている。力をつけて、体力もつけ、実績も上げてきている。彼と話をすると、目標や自分のゴールを絶えず一つ上に置いていている感じがあり、志が高い。今季すごく楽しみな存在だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報