2019年6月27日(木)

スペシャル

フォローする

東京、票読みズバリ 「安全・確実」に支持拡大

(1/2ページ)
2013/9/8 13:14
保存
共有
印刷
その他

「五輪招致史上まれに見る大接戦」と言われた今回の戦い。フタを開けると東京があっさり抜け出していた。複数の招致関係者が語る。「前夜(6日)の時点で40票か41票は固めていた。悪くても決選投票には進める手応えがあった」。実際に42票入ったのだから、ほぼ完璧な読みだった。

イスタンブール、予想外の頑張り

イスタンブールの頑張りは予想外だったが、それは東京の脅威にはならなかった。ブエノスアイレスで東京の関係者から余裕が感じられなかったのは、マドリードの追い上げを肌で感じていたからだ。「まさか、(イスタンブールが)マドリードとタイブレークとは想像していなかった」と日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子常務理事。決選投票での圧勝を、この時点で予想できたようだ。

マドリードは国際オリンピック委員会(IOC)委員の宿泊ホテルのロビーで連日、フェリペ皇太子が遅くまでIOC委員と歓談して回った。一方の東京は、4日に開いた記者会見で竹田恒和・招致委員会理事長(JOC会長)が福島第1原子力発電所の汚染水漏れについて説得力の欠く回答に終始し、海外メディアに酷評されてしまう。そこから招致委内でも危機感が膨らんだ。

最大票田の欧州切り崩す

それでも、東京の底堅い支持は変わらなかった。「安全、確実に大会を運営できるというメッセージはIOC委員に響いた」とある招致幹部。パリが24年立候補をもくろむとされる最大票田の欧州を切り崩し、アジアやオセアニアからも票を集めた。

別の関係者は「(経済危機下の)マドリードと(隣国シリア情勢を抱える)イスタンブールで本当にできるのか」とIOC委員に説いて回ったという。来年のロシア・ソチ冬季五輪、3年後のブラジル・リオデジャネイロ夏季五輪と準備の遅れが続き、IOC委員たちに「今回はしっかり中身を見て決める」という意識が広まっていた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
NBAのドラフト会議でウィザーズから日本人初となる1巡目指名を受け、笑顔で天を指さす八村(NBAE提供)=ゲッティ共同ゲッティ共同

 「クラスメートにバスケ部の子がいて、その子が『来い来い』ってしつこくて(笑)」
 2010年4月、八村塁は富山市立奥田中学に入学。同じクラスとなり、春休みからバスケットボール部の練習に参加していた岡山 …続き (6/24)

カナダ勢で初めてNBAの頂点に立ち、優勝トロフィーを掲げて喜ぶラプターズの選手ら=APAP

 2018~19年シーズンの米プロバスケットボールNBA王者を決めるファイナル(決勝)で、トロント・ラプターズが初優勝を果たした。6月13日、3勝2敗と王手をかけて迎えた敵地での第6戦で、3連覇を狙っ …続き (6/17)

 3月末に公務員ランナーを卒業した川内優輝(32、あいおいニッセイ同和損保)がプロに転向して活動の場を広げている。全国津々浦々、毎週のようにレースを重ねてきたスタイルを生かして地域に貢献。市民ランナー …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]