/

室伏広治、東京五輪に「心揺らぐ」

アテネ五輪で金メダルを獲得した男子ハンマー投げの室伏広治氏は、東京五輪の開催決定に感慨深げ。「非常に安心感のある、素晴らしい内容のプレゼンテーションだった。日本国中のスポーツファンの皆さん、多くの関係者のサポートの下、五輪を勝ち取ることができて本当にうれしい」と喜びを口にした。

東京が敗れた前回2016年の招致活動に携わり、コペンハーゲンでの国際オリンピック委員会(IOC)総会にも出席した経験から「前回の反省から日本が一つになったのが一番のポイント」と今回の勝因を分析。印象的だった点には直前の最終プレゼンを挙げ「本当によくトレーニングされていた。ただ単に文章を読むわけではなく、自分の思いや経験を言葉とともにしっかり伝えられた」とたたえた。

20年東京五輪が「(東日本)大震災からの本当の意味での復興の証しになっていく」と室伏氏。自らも被災地支援に足を運ぶ中で「スポーツを通して勇気や希望を与えることができた。五輪を持ってくることで、何よりも目先の目標に向かって大きな力を与えることができる」と実感したという。

「世界中が復興の手助けをしてくれる、日本全体が飛躍していく五輪になるんじゃないか。若い世代が未来に向かって希望を持てる五輪にもなる」。教育効果にも期待する夢舞台は7年後。数々の国際舞台を踏んできた38歳は「次のリオデジャネイロ五輪ぐらいが終わりかなと思っていたが、心が揺らぐところがある」と現役続行の可能性にも言及。「メダルを取れるような強い選手を育てて、師弟で出場みたいなことができれば」。そんな構想も披露した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン