/

錦織、鋭いリターン武器に 「エア・ケイ」から脱皮

錦織が昨年11月、スイス・バーゼルの大会で当時世界1位のジョコビッチ(セルビア)を破った時は驚かされた。いったいどうやって勝ったのだろうか。そんな疑問を日本での初優勝で解いてくれた。

両ハンドのストロークとフットワークには定評があるが、特筆すべきはサービスリターンだ。鋭い反応と的確な予測で相手の第1サーブも良く返し、しかも深い。その特長が第1セット第2ゲームで出た。

サービスエースの数でツアー2位を誇るラオニッチが228キロのエースを決めるなど、40-0とリードした。しかし、錦織はそこからジュースに持ち込み、逆転でブレークした。「この試合もリターンがさえていると分かったので、第2サーブの時は攻撃的に行った」という。

体力勝負になった最終セットは6-0と圧倒した。この大会これまで1ゲームしかサービスを落としていなかったビッグサーバーから計4ゲームを奪った。

2008年に18歳でツアー初優勝の快挙をなし遂げてからは、09年に右肘を手術し、「テニスを続けられるか不安だった」時期もあった。

しかし、様々な経験を積んで、「安定したプレーができるようになってリスクを冒さなくても、勝てるようになった。自信もついた」という。代名詞になっていたジャンプしての強打、「エア・ケイ」はこの日一本もなかった。

ラオニッチら190センチ台の選手が増える中、178センチの選手でも世界に通用することを示した。日本の子供たちへ大きなアピールともなるツアー2勝目だ。(島田健)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン