J・ラッセル優勝 男子シニアゴルフ最終日

2011/11/5付
保存
共有
印刷
その他

今季の男子シニアゴルフ最終戦、富士フイルム・シニア選手権は5日、千葉県のザ・カントリークラブジャパン(6994ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、2位スタートのデービッド・J・ラッセル(57、英国)が5バーディー、1ボギーの68で回り通算11アンダー、205で逆転、賞金1400万円を獲得した。日本での優勝は初。

2打差の2位には金鍾徳(キム・ジョンドク=韓国)が入り、獲得賞金3697万円で賞金王となった。

2日目まで首位の白浜育男と富永浩が8アンダーの3位。前年優勝の芹沢信雄は中嶋常幸とともに7アンダーの5位。尾崎健夫、尾崎直道は4アンダーの10位。室田淳は2アンダーの17位。昨年賞金王の倉本昌弘はイーブンパーの24位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]