/

この記事は会員限定です

「八百長」罰する法令なし 競技ごとに規則で禁止

野球「黒い霧」で永久追放

[有料会員限定]

事前に示し合わせた約束通りに勝負をつける「八百長」。勝ち負けが外部の賭けの対象になるなどの場合は賭博罪や詐欺罪に問われるが、八百長行為そのものを取り締まる法令はない。"身内"の不正だからだが、興行上の決定的なダメージを受ける可能性があるため、多くの競技で八百長は不正な行為として禁止されている。

八百長の語源は角界にあるといわれるように、大相撲ではこれまで何度も疑惑が持たれてきた。しかし、日本相撲協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り496文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン