2019年8月20日(火)
スポーツ > コラム > 記事

チェンジアップ(豊田泰光)

フォローする

自ら学び、育ってこそプロ

(1/2ページ)
2012/2/2 7:00
共有
印刷
その他

キャンプインの報が届くと、若かりしころのキャンプの思い出がよみがえってくる。坂の上にあった球場まで、ボールやバットなどの用具を担いで登ると、もうへとへと。これではただの雑用係、いつになれば野球をさせてもらえるのか、と思うばかりの日々だった。

新人は選手というより先輩の付け人、練習台で、毎日打撃投手をさせられた稲尾和久が「ただの使役だ」と回想している通りである。使役は「使いっ走り」とでも言い換えないと、今どきわからないかもしれない。

新人をこき使いながら、ぬくぬくとやっている先輩たちを憎く思った。今ではパワーハラスメントに該当して、みんなクビが飛んでしまうかもしれない。だが、あれで人生を勝ち抜くための力が備わったのも確かだ。

どうせ命じられるなら、先輩に言われる前に、スパイクを磨いておこう。クリームは自腹だ。すると相手も鬼ではないから、懸命なのを認めてかわいがってくれる人も出てくる。人の胸に飛び込むコツがわかってくる。

ボール集めもそう。球場奥のやぶ深く打ち込まれた打球の最後の1個まで拾い、数が合わないと先輩やマネジャーが帰してくれない。ボールは貴重品だった。

ならばと、投手陣の練習ボールのこぼれ球などを拾って適当なところに隠しておき、いつでも「ありました」と言えるようにしておく。そんな知恵もついた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

チェンジアップ(豊田泰光) 一覧

フォローする

「素人の考え」に改革の種 [有料会員限定]

 「先攻後攻はコイントスで決めるの?」。日本シリーズを観戦した知り合いが、スタンドでそんな会話を耳にしたそうだ。そこまでサッカー文化が浸透したか……。いや、これは野球にとってもいいことだ。まっさらの新 …続き (2012/11/8)

プロ野球、鎖国政策の限界 [有料会員限定]

 今年のドラフトの目玉だった岩手・花巻東の大谷翔平(日本ハムが指名)に「メジャー(米球界)へ直行したい」といわれて、日本球界が慌てている。
 お互いの畑には手を出さないという新人獲得をめぐる紳士協定がメ …続き (2012/11/1)

無言の勝ち、有言の負け [有料会員限定]

 久々に「非日常」の試合をみせてもらった。巨人―中日のクライマックスシリーズ(CS)最終戦(22日)。中日が抑えの山井大介を四回から投入すると、巨人は先発登板から中1日の沢村拓一を2番手で起用。ファン …続き (2012/10/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。