2019年6月25日(火)

インタビュー

フォローする

日本電産社長「スピードスケート界、力結集の時期」

(1/4ページ)
2013/10/8 7:00
保存
共有
印刷
その他

ソチ冬季五輪開幕まで4カ月。1957年創部の日本電産サンキョースケート部は前回2010年バンクーバー大会でメダル2個を獲得するなど、スピードスケート界の名門中の名門だ。同部を支える日本電産サンキョーの親会社、日本電産の永守重信社長(69)に、スケート部への思いや「企業とスポーツ」の関係などを聞いた。

インタビューに答える永守社長

インタビューに答える永守社長

伝統ある競技、絶やすことできぬ

――日本電産が、スケート部を持っていた三協精機製作所(現・日本電産サンキョー)を傘下に収めて10年。再建にあたってスケート部を廃部にするという見方もあった。

「三協精機が潰れかかっていたから、真っ先にスケート部をやめると思われていたようだ。僕もあまりスケートのことは興味がなかったが、スポーツ界の歴史などを勉強してみると、いろいろとわかってきた。このスポーツはマイナーだが、歴史的にみて日本のスケートは何度も五輪でメダルを取ってきたスポーツだ」

「野球チームなら廃部となってもほかのチームがいっぱいあるが、スケート部を廃部にすると選手の受け皿がなくなってしまう。スケート部をやめるということは、日本が長年やってきた伝統あるスケートがなくなるということを意味していた。全部丸抱えで、私財を投げ打ってでもスケート部を続けようと思った」

スポーツ界に甘さ、「1番以外はビリ」

――バンクーバー大会ではスピードスケート男子500メートルで長島圭一郎が銀メダル、加藤条治が銅メダルと日本電産サンキョー勢が2つのメダルを獲得した。

「僕は『1番以外はビリ』という考えを持っている。金メダルと銀メダルでは雲泥の差がある。銀メダルだったら、表彰式ではよその国の国旗が揚がり、よその国の国歌が流れる。それだけ金と銀では重みが違う」

「メディアの中には五輪で5位や6位入賞でもバンバンと選手を持ち上げて、『それでいいんだ』と思ってしまう選手もいるが、そこにスポーツ界の甘さがある。会社に置き換えると、トップシェア、1番が何より大切であって、3番にもなるとシェアはない。だから選手は1番を目指さないといけない」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

コラム「駆ける魂」

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
日本出身で初の1億円選手になった富樫(右)と写真撮影に応じる千葉ジェッツふなばしの島田社長

 バスケットボール男子Bリーグで日本出身者として初の1億円プレーヤーが誕生した。千葉ジェッツの司令塔、富樫勇樹(25)。長く実業団リーグとして運営され、2016年までの2リーグ分裂時代には国際競技団体 …続き (6/5)

ムグルサは「できるだけ長い間、トップでいたい」と語る

 テニスのウィンブルドン選手権で今季、女子シングルスを制した23歳のガルビネ・ムグルサ(スペイン)が9月11日付の世界ランキングで1位になった。1975年に現在のランキング制度を導入してから24人目の …続き (2017/9/20)

「体力強化が毎年の課題」と錦織

 キャリア最高の内容で2016年シーズンを締めくくった男子テニスの錦織圭(日清食品)。リオデジャネイロ五輪で日本選手として96年ぶりにメダルを獲得し、四大大会では2度目の4強進出を果たすなどした。29 …続き (2016/12/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]