/

この記事は会員限定です

クジラ専門店「死活問題」 調査捕鯨敗訴、伝統への影響懸念

[有料会員限定]

日本の南極海での調査捕鯨について、国際司法裁判所(本部・ハーグ)が今後実施しないよう命じた31日の判決。食や芸術など幅広い分野で鯨文化に関わってきた関係者からは影響を懸念する声が聞かれた。

「うちにとっては死活問題だ」と憤るのは、鯨肉などを販売する「くじらの〆谷商店」(和歌山県太地町)の〆谷和弘店長(60)。今回の裁判は北西太平洋での調査捕鯨は訴訟の対象ではないが、影響は避けられないとみられる。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン