/

凍ってないマンモス血液か ロシア北極圏で採取

ロシア東シベリア・サハ共和国の首都ヤクーツクにあるマンモス博物館は1日までに、同共和国北部の北極圏の島で今年5月、凍結状態で見つかったマンモスの死骸から、凍っていない血液とみられる液体を採取したと発表した。

ロシア・シベリアでマンモスの遺骸から凍っていない血液が採取された

ロシア・シベリアでマンモスの遺骸から凍っていない血液が採取された

同博物館のグリゴリエフ館長は「まだ断定できないが、血液である可能性が高い」としており、今後液体の成分調査を進める。

これまでにサハ共和国では永久凍土で多数のマンモスが見つかり、骨髄や赤みを帯びた筋肉片なども採取されているが、凍結していない血液が採取されたとすれば極めて異例。

見つかったのは、歯の状態から50~60歳の雌マンモス。1万~1万5千年前に死んだとみられるが、肉が赤みを帯びるなど保存状態が良く、約3ミリリットルの血液とみられる黒ずんだ液体も採取した。

グリゴリエフ館長は「液体は、採取時は零下10度で凍っていなかったが、零下17度の冷凍庫に入れると凍結した」と指摘。マンモスの血液だとすれば、凍りにくい特質を持っていた可能性もあるとし、カナダなどの研究チームと調査する方針という。(ウラジオストク=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン