日本に津波注意報 フィリピン沖でM7.6の地震
東北から九州・沖縄沿岸に

2012/8/31付
保存
共有
印刷
その他

気象庁などによると、日本時間31日午後9時48分ごろ、フィリピン東方沖でマグニチュード7.6の地震があった。同庁は東北地方から九州・沖縄地方にかけての広域に津波注意報を発令した。津波注意報はフィリピン、日本のほかインドネシア、台湾などを含む地域にも出ている。

日本国内で津波注意報が出たのは沖縄、鹿児島、宮崎、高知、徳島、和歌山、三重、愛知、静岡、神奈川、千葉、茨城、福島、宮城、岩手の各県と東京・小笠原諸島、伊豆諸島。

津波の到達予想時刻は沖縄県と鹿児島・奄美群島の一部が最も早く31日午後11時半。最も遅いのは1日午前2時半で岩手、宮城、福島など。津波は高いところで50センチ程度と予想している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]