福島第1原発、地下水に1万倍放射性物質 1号機付近 - 日本経済新聞
/

福島第1原発、地下水に1万倍放射性物質 1号機付近

(更新)

東京電力は31日深夜、福島第1原子力発電所のタービン建屋付近の地下水から高濃度の放射性ヨウ素を検出したと発表した。地下水で大量の放射性物質が確認されたのは初めて。敷地内での汚染の広がりが裏付けられた。海水からも引き続き高濃度の放射性物質が確認されており、原発周辺の汚染も深刻化している。東電と経済産業省原子力安全・保安院は海水のモニタリング(監視)を拡充する。

高濃度の放射性ヨウ素は1号機のタービン建屋脇付近の「サブドレーン」にある地下水から検出された。1立方センチメートルあたり430ベクレルで法令基準の1万倍、通常運転時の原子炉内の水に相当するという。

サブドレインは建屋が地下水の浮力によって浮かないように排水する目的で、建屋を取り囲むように掘られた深さ12~14メートルの縦穴状の施設。今回の福島第1原発のように汚染水が流れ込むと、そのまま海に流れ込んでしまう危険性もある。

また、2号機のトレンチ内にたまった水からは通常運転時の炉の水の数万倍という高濃度の放射性物質も検出された。2号機のトレンチはタービン建屋と地下1階で配管などを通じてつながっており、建屋地下の汚染水が流れていることも考えられるという。

原発敷地内の汚染水が海に流れ出たのかどうかは現段階ではわかっていない。ただ、30日に1~4号機の放水口で採取した水から基準値の4385倍の放射性ヨウ素が検出されるなど、海水への汚染の広がりも懸念されている。

東電と保安院は地下水などから海に流れ出ている可能性も否定できないとして、海水のサンプリング地点を拡充、現在の4カ所に加え、2日から15キロメートル沖合地点3カ所でも実施する予定。

天候を理由に31日に見送っていた敷地内への合成樹脂散布を、1日実施する予定。敷地内のがれきや土壌にある放射性物質の飛散を防ぐ狙いがある。

原子炉の冷却作業も1日、継続する。1~3号機で実施中の真水の注水作業を、仮設ポンプから外部電源によるものに切り替える作業を実施したい考えで、1~3号機のタービン建屋地下の汚染水の除去作業も続ける。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません