/

原貢氏が死去 プロ野球巨人・原辰徳監督の父

プロ野球巨人の原辰徳監督の父で、高校野球の監督として2度の全国制覇を果たした原貢(はら・みつぐ)氏が5月29日午後10時40分、心不全のため、相模原市内の病院で死去した。79歳だった。7月に東京都内でお別れの会を行う予定。

社会人野球の選手を経て、1965年夏の全国高校野球選手権で、初出場の三池工業(福岡県)を監督として率いて優勝。70年夏にも東海大相模(神奈川県)で優勝した。同校では長男の辰徳氏を擁した75年春の選抜大会で準優勝し、「親子鷹」として話題になった。辰徳氏の進学とともに東海大野球部の監督に就任した。孫の菅野智之投手も巨人で活躍している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン