/

息でパソコン操作できる「呼気マウス」 近大が開発

手が不自由な人向けに

近畿大が開発した「呼気マウス」を使ってパソコンに文字を入力する研究員(31日、大阪市)=共同

近畿大は31日、ストロー状の管に息を吸ったり吐いたりすることで、カーソルを上下左右に動かし、パソコンを操作する技術を開発したと発表した。同技術を使った「呼気マウス」で、手が不自由な人もパソコンやスマートフォン(スマホ)を楽しめるようになるという。企業と協力して2年後の実用化を目指す。

開発したのは北山一郎准教授ら。呼気マウスはストロー状の管を利用者にくわえてもらい、吸う・吐くという動作と強弱で操作する。例えば、弱く吸えばカーソルが左に進み、2回続けて吐くとダブルクリックになる。1週間ほど練習すれば使いこなせるという。

交通事故で脊髄を損傷した人や、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症して手足が動かなくなった人などの利用を想定している。

試作した呼気マウスの製作費用は約10万円。汎用部品を活用すれば半額程度に抑えられるとみている。これまでも息で操作する機器はあったが、テレビの電源をオンオフする程度の簡単な操作しかできなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン