/

水道管の28%が設置から40年超 水資源白書「対策必要」

国土交通省は1日までに、2012年版水資源白書を発表した。水道管総延長60万キロのうち28%に当たる17万キロが設置から40年を超えており、老朽化で破損し、断水や漏水、水質汚濁が起きるリスクが高まっているとし、対策の必要性を強調した。

水道管は耐震化も進んでおらず、基準を満たしているのは10年度で31%にとどまる。

一方、下水道管は43万キロのうち8万キロが、道路陥没が急増する目安の設置から30年を超えている。耐震化率は14%。

白書は、自治体の財政難などの理由から、古い水道管や下水道管をすべて更新することは困難で、補修により耐用年数をのばしていくことが重要だと指摘した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン