サムスン、特許侵害せず 東京地裁、アップルと別技術

2012/8/31付
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やタブレット端末の特許を巡り、韓国サムスン電子側の特許権侵害を認めず、米アップルの賠償請求を退けた31日の東京地裁判決で、東海林保裁判長はデータを共有する「同期」と呼ばれる技術について「アップルの発明の技術的範囲に属するとは認められない」と判断した。

同地裁はアップルがサムスン側に販売の差し止めなどを求めた仮処分も却下。スマホなどを巡る特許侵害訴訟で国内初の司法判断は、サムスン側に軍配が上がった。

これとは別に、東京地裁ではタッチパネルに関連する一部の操作方法などを巡る複数の訴訟の審理が継続。国内でも両社の争いは長期化の様相を見せている。

31日の判決で、特許侵害の有無が争われた「同期」は、スマホをパソコンに接続して、楽曲ファイルなどを自動で共有し、双方のファイルを照合して一致させる技術。パソコンとスマホにそれぞれ入っている楽曲ファイルを突き合わせ、双方の機器で一致してないものだけを転送し、迅速に同じファイルをそろえる仕組みだ。

アップルの技術では楽曲の「タイトル名」「アーティスト名」「楽曲の長さ」などを基に、同一ファイルかどうかを判別する。これに対し、サムスン製は「楽曲のファイル名」とデータの容量を示す「ファイルサイズ」の2つが使われる。

判決は、両社の「同期」方法についてファイルの一致・不一致を判別する際の情報が異なっていることなどから、「サムスンが使用している技術は(アップルとは)別で、特許侵害には当たらない」などと結論づけた。

問題になったのは、サムスンが日本で展開するスマホやタブレット端末の「ギャラクシー」シリーズ8機種。国内では現在、NTTドコモが4機種を、KDDIが1機種を販売している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]