2018年6月21日(木)

4カ所で高線量汚染水、1800ミリシーベルト 福島第1

2013/9/1付
保存
共有
印刷
その他

 東京電力福島第1原子力発電所のタンクからの汚染水漏洩問題で東電は31日、4カ所のタンクや配管で高い放射線量を計測したと発表した。最大線量は毎時1800ミリシーベルトで、タンク周辺としてはこれまでで最も高い値。

 タンクの水位に変化はみられず、汚染はタンクを囲ったせきの中にとどまっているとしている。ただ、タンク周辺で高い放射線量が計測されたことで、汚染水対策を巡る今後の作業が難しくなりそうだ。

 31日の見回りで発見した。特に高い線量が検出されたのは、「H3エリア」にある2基のタンク。いずれも底部付近から毎時1800ミリシーベルト、220ミリシーベルトが検出された。毎時1800ミリシーベルトは、4時間浴び続ければ死亡する線量に当たる。

 この場所では、8月22日の見回りでもそれぞれ同100ミリシーベルト、70ミリシーベルトを計測していた。前回と比べ線量が大幅に増加している理由は不明という。タンクから汚染水が垂れるといった状態は確認されていない。

 残りの2カ所は汚染が新たに判明した場所で、「H4エリア」のタンクと「H5エリア」のタンクとタンクをつなぐ配管。配管下部の床には変色があり、東電は受け皿を置くなどの対策をとった。

 汚染水問題をめぐっては「H4エリア」のタンクから300トンの汚染水が漏れ、付近の土壌に染み込んだうえに海洋へ流出した恐れもある。タンクは鋼板をボルトでつないだ簡易構造で、当初から漏洩の可能性が指摘されていた。

 また東電は、原子炉建屋に流入する前の地下水をくみ上げる「地下水バイパス」用の井戸の一つで、トリチウムが1リットル当たり900ベクレル検出されたことも明らかにした。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報