2019年1月18日(金)

不明男児の未就学把握も通報せず 厚木児童相談所

2014/5/31付
保存
共有
印刷
その他

厚木市のアパートで斎藤理玖ちゃんとみられる白骨遺体が見つかった事件で、厚木児童相談所は31日、理玖ちゃんが小学校に未就学だったことを把握しながら、今年春まで県警に通報していなかったと明らかにした。

同日記者会見した児相の井上保男所長によると、理玖ちゃんが3歳だった2004年10月に迷子として一時保護し、母親に引き渡したことがあった。職員が調査を続け、入学予定の小学校の説明会に出席せず、入学もしていなかったことを08年12月に把握したという。

その後も所在が確認できなかったが、所在不明の児童としては扱わず、警察にも連絡しなかった。井上所長は「最初は迷子の扱いで虐待もなかったため、踏み込んだ調査ができなかった」と陳謝した。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報