南海トラフ地震、10県153市町村で最大震度7も
津波20メートルは6都県23市町村、有識者検討会

(1/2ページ)
2012/3/31付
共有
保存
印刷
その他

 内閣府の有識者検討会は31日、東海、東南海、南海地震を起こす「南海トラフ」で、これらの想定震源域が連動し、最大級の地震が起きた場合の津波高と震度分布の推計を公表した。関東から四国の太平洋側6都県23市町村で最大20メートル以上の津波が予想され、震度7の地域は10県153市町村に及ぶ。避難などで被害を抑える「減災」に向け、自治体や企業は防災計画の見直しを迫られそうだ。

画像の拡大

 想定震源域内にあり、海抜18メートルの防波壁を整備中の中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)付近では最大21メートルの津波が到達し、地盤は2.1メートル隆起する。推計が原発の再稼働問題に影響を及ぼす可能性もある。

有識者検討会は南海トラフで最大級の地震発生時の震度や津波高を推計した(テレビ東京)

有識者検討会は南海トラフで最大級の地震発生時の震度や津波高を推計した(テレビ東京)

 検討会は東日本大震災の教訓を踏まえ、想定を「数百年に一度」の地震から「千年に一度起こりえる最大級」に変更した。想定震源域を従来の約2倍に拡大し、震度はマグニチュード(M)9.0、津波は9.1と想定。15パターンの地震について地点ごとに最大の震度や津波高を推計した。

 2003年の前回推計では津波高が20メートル以上の自治体はなかったが、今回は高知県黒潮町で最大34.4メートルと推計。東京都新島村で同29.7メートル、静岡県南伊豆町で同25.3メートルなど、10メートル以上は11都県90市町村(前回は2県10市町)に及ぶとした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

地震南海トラフ中部電力

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 7:00
2:00
北陸 9:46
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
10:53
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報