体「さする」と神経回路伸長 群馬大など仕組み解明

2010/3/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

群馬大学の柴崎貢志講師らは、体の表面をさすることで神経が伸びるのを促す仕組みを解明し、31日付の米神経科学学会誌に発表した。神経細胞の表面の膜が引っ張られると、センサーとなるたんぱく質が感知し、神経回路に伸長を促す。事故などで損傷した神経の再生や、新型万能細胞(iPS細胞)などを使った再生医療にも応用できるという。

自然科学研究機構・生理学研究所(愛知県岡崎市)の富永真琴教授らとの共同研究。米神…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]